楽器を難しいと感じている人へ。

目安時間:約 10分

音楽や楽器演奏は世界共通言語で、

外国語が出来なくても、友達や知り合い、

 

家族間の交流などのきっかけ作りに、

最適なコミュニケーションツールですが、

ある調査によると、楽器を演奏したい、と

いう人はかなりの数がいるそうです。

 

難しいけど本当は楽器が好き

 

楽器の演奏ができると、キャンプやパーティの

催しとしてや知り合いになるきっかけや、

 

 

最近では高齢化社会の影響か、

健康維持にもなると注目を浴びています。

 

 

なぜ、楽器の演奏に注目を浴びるのかですが

戦後、日本にギターや洋楽が入ってきて、

当時の世代の方にとってはBeatlesや吉田拓郎など、

 

 

ギターの演奏や曲作りでカリスマ的な人も多く、

憧れもありギターを経験している人が最も多い

世代であるからかもしれません。

 

 

他にも、子供の頃からピアノを

習ったりしていた人もたくさんいると思います。

 

 

ある楽器の会社が調査をして分かった事は、

今は楽器は演奏してはいないけど、興味は今もあるし、

 

 

できれば演奏したいを思う人が潜在的に

ある一定数、いるという事でした。

 

 

楽器をやらない理由

 

そのうえで、

楽器を演奏したいと思う人が多い一方で、

多くの人は楽器をやらないのでしょうか?

 

 

実は、その理由の上位を占めるのは、

『難しくてうまくなれなかったから。』という人が

大半だそうですが、あなたも同じでしょうか?

 

 

ギター世代の人が一番楽器を始めた人が多いのですが、

同時に挫折した人も同じ様に多いという事も言えます。

 

 

更に高度経済成長の時期もあり「忙しくなった」人や

いろんな目新しい物がどんどん増えて

「楽器に飽きた」なんて人も多かったのかもしれません。

 

 

飽きてしまったものは仕方ないですが、

忙しくなって離れた人の中には、

泣く泣く 離れた方も多いのかもしれません。

 

 

50代の楽器経験者で復活したい人が9割!

 

あなたのお父さんも若い頃の話をすることは

もしかしたら、少ないかもしれませんが、

 

 

昔はバリバリのバンドマンだった、、なんて

伝説が実はお父さんにもあるかもしれません。

 

 

多くの人が挫折した人の中で、復活をして

むしろ昔より夢中になる人も多いみたいですね。

 

 

その理由ですが、一番多いのが「時間に余裕ができた」

からだそうです。また、「楽器を購入」したから、

 

 

「共通の趣味の友達ができたから」という人も

意外と多いそうです。

 

 

お酒の席で昔話に華が咲き、たまたま居合わせた

隣の人と意気投合、、なんて事もあるかもしれません。

 

 

楽器演奏のメリット今と昔

 

若い人は能動的に

「あの曲を弾きたい!」と

 

 

シンプルに感じたら

一目散に始めるんだと思いますが、

 

 

50代以上の人が楽器を始めたり、

復活する理由は若い世代とは違そうです。

 

 

その理由は「健康」や「気分転換」など、

日常生活と現実に直結する理由が多いそうです。

 

 

もし、あなたがまた楽器を「挫折」をしそうに

なったとき、この様に違った視点で考えると、

モチベーションが復活するかもしれません。

 

 

挫折した楽器の演奏を復活した理由

 

脳の活性化 (ボケ防止)

同じ趣味の友人が増える。

違う世代とも仲良くなれる。

仕事の息抜きに最適。

 

つまり、健康維持や世代を超えたコミュニケーション、

お父さんと息子、娘などとの家族の交流など、

 

 

コミュニケーションツールとしての楽器の

演奏をおおいに楽しんでいる様ですね。

 

 

また、負けず嫌いな人にとっても、スポーツとは違い、

怪我のリスクも少なく、ゲーム感覚で、

楽曲をクリアしていくという楽しみ方もある様です。

 

 

 

スクールに通いたい!人が9割!

 

楽器をやるからには上手くなりたいですよね。

特に復活組の人達は、挫折を経験していたり、

 

 

泣く泣く離れた人がい多いだけに、若い世代よりも

リベンジ精神が強いのかもしれません。

 

 

これは、若い世代の方は負けてられませんね!

その多くの人は、スクールに通ってじっくりと

上達をしたい人が多いそう。

 

 

若い世代と違い、使える時間が

限られている場合が多いので、当然かもしれませんね。

 

 

自分で研究しながら上達をするのも楽しいのですが、

「守破離」という言葉がある様に、まずは、

 

 

基礎を先生の真似をして、

次の段階で、自分のエッセンスを加え、

 

 

最後にオリジナルの演奏方法へと昇華していくのが

一番、挫折もなく早く上達する方法でもあります。

 

 

もし、あなたが今、

すでに何かしらの楽器を演奏していたり、

ちょっとしたカベにぶつかっているのなら、

 

 

スクールの門を叩くと、スランプから

一気に脱出できるかもしれません。

 

 

まとめ

 

どの世代も人気があるのは、演奏していたり、

スクールが充実している「ピアノ」「ギター」

「ドラム」「サックス」などですが、

 

 

今、海外や現役のミュージシャンから

注目されつつあるのが「和楽器」です。

 

 

2020年は、東京オリンピックや、そのとは、

万博を控えて、インバウンドの需要もあり、

ますます、和楽器は注目の的になっています。

 

 

とはいえ、和楽器は情報が少なく、

スクールも充実しているとは言い難く、

 

 

ハードルは洋楽器より少し高いかもしれませんが、

その反面、まだ人口も少ないため、

和楽器が演奏できると、注目されると思いますよ。

 

 

特に、三味線は、沖縄の三線にも通じるので、

楽曲の間口も広く和楽器の中でも人気ですが、

 

 

和楽器はまだまだ自然の素材も多く、

保管が少しシビアだったりするなか、今、

 

 

注目を浴びているのが、新和楽器とも言える

ジャンルです。その1つが「シャミコ」です。

 

 

ただ、演奏をするだけが目的ではなく、

和楽器、アート、インテリアを融合した、

 

 

プロの三味線奏者も認める全く新しい和楽器で、

コミュニケーションツールとしても

海外からも注目を集めています。

 

 

新鮮な気持ちで楽器を始めたい!

でも、続くか不安もある、、

 

 

そんな方は、この新しい和楽器

「シャミコ」も選択肢に入れてはどうでしょうか?

 

 

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ