三味線演奏のコミュニケーション

目安時間:約 4分

 

お祭りの太鼓など、「エイやっ!」とか

「掛け声」をよく聞きますよね。

 

岩手の祭り「盛岡さんさ踊り」は和太鼓の数が、

ギネスにも登録されている有名な祭りです。

 

その「掛け声」にもちゃんと

コミュニケーションのための意味があるのです・・・。

 

「サッコラ」と「チョイワヤッセー」など

「囃子言葉」(はやしことば)は日本独特の

言語コミュニケーションの1つで実は

気合いだけのために言っているのではないのです。

 

 

ゾクっとする和楽器の掛け声

 

 

和太鼓の掛け声は何となく理解が出来るのですが、

中でも不思議な掛け声をするのが三味線です。

 

 

初めて聴く時は正直「変な掛け声」と思うのですが、

実は、ちゃんと意味があるのです。

 

 

三味線にも、津軽、地唄、小唄、民謡などの

カテゴリーがありますが、唄い手がいる時は、

 

 

「はっ」「よっ」「いやっ」など、唄い手に向けての

合図として使われます。

 

 

一方、津軽三味線などは大勢で演奏をすることもありますが、

その場合、オーケストラと違い、指揮者がいません。

 

 

指揮者の役割をする三味線の演奏者の掛け声で

コミュニケーションを取り、音を合わせていきます。

 

 

掛け声の意味にはどんな意味があるのか?

 

 

ほとんどの人が知らない三味線の掛け声の意味、

では、掛け声にはどんな意味があるのか?

 

 

人により、アクセントが若干違ったりするので、

文字で起こすもの微妙なのですが、例えば、

 

 

「ふっいやっ」は二拍子や四拍子の

1拍目から出る時にかける掛け声で、「ふっよぉい」は

 

 

二拍子で受け止めたら二拍目、四拍子は

四拍目から入るという意味があったりします。

 

 

今は動画などでも簡単に三味線の演奏を観れますので、

こんな、掛け声のタイミングや人によっての違いや

意味を考えながら、聴くとまた違って見えてくるかも知れません。

 

 

まとめ

 

ギターやドラムなどロックバンドの楽器とは違い、

和楽器はシンプルで物足りなさを感じるかも知れませんが、

 

 

実はシンプルが故に見えないところに「ワザあり」な要素も

たくさん隠れていているのが和楽器の面白い所です。

 

 

また、日本にはお祭りや、踊りの掛け声による

コミュニケーションには、意味のあるメッセージが

隠されていることが多く、そんなところも、海外にはない、

日本の面白いところですよね。

 

 

あなたも、色んな日本伝統芸能に隠された世界最古の国ならではの、

コミュニケーションメッセージを読み解いてみてはどうでしょうか。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ