男女がすれ違うワケ

目安時間:約 8分

《モテる人は知っている2種類のコミュニケーション術》

『異性が前に居るだけで緊張してしまう』
『何を話せばわからない』
『相手と目が合わせられない』

あなたもその1人かもしれませんね。

 

 

 

人それぞれ原因は色々あるとは思いますが、
もし「話が合わない・・」と

悩んでいるのなら、参考になるかもしれません。

 

そもそも、脳機能が男女では違うのです。

では、何が一体違うのでしょうか?

 

 

非言語コミュニケーション

 

その前にまずコミュニケーションの種類は
大まかに2種類に分けることができます。

 

 

ある調査によると、言葉で伝わるより、

表情や仕草などで感じとることで

コミュニケーションを受けているそうです。

 

 

「あの人イライラしてるな」 

「うわっ考えてる事を読まれてる・・・」 

「私のこと好きなのかしら?」など、 

 

 

何も言われなくても、

雰囲気だけでやりとりをすることがあります。

 

 

これを「非言語コミュニケーション」と言います。

『阿吽の呼吸』などもそうです。

 

 

言語コミュニケーション

 

一方で、会話や国の言葉を使い、
相手とコミュニケーションを取る方法のことを
言語コミュニケーションといいます。

 

 

多くの人が「相手に伝わらない」など

「苦手意識」を持つのは、

この言語コミュニケーションだと思います。

 

 

特に男女間の「すれ違い」を生む原因にも

なったりしますがなぜでしょうか。

 

 

男女がすれ違うのは当たり前?!

 

あなたも、

 

 

『女性は何も考えないで行動する』 

『男性はタラタラ理屈っぽい』

 

 

こんな話や印象を持ったことはないでしょうか。

決して女性は考えていないのではなく、

直感に従うので判断が早いだけです。

 

 

また、男性も頭で分析をし、理論立ててから

行動をする場合が多いためこの様に言われることがあります。

 

 

脳には、右脳と左脳があり、両方の脳を繋いでいる部分を

『脳梁』(のうりょう)と言いますが、

 

 

『右脳』と『左脳』を繋いでいる神経の太さが女性は太く、

男性は細いと言われています。

 

 

神経が太いので情報伝達量も多く、言語入力した情報を

どんどんアウトプットをしていかないと、

キャパオーバーになってしまうと言われています。

 

 

女性の方が情報の拡散力が早いと言われるのは、
こんな脳機能の性質なのかもしれません。

 

 

一方、男性はその逆で、脳梁の神経が細く、

繊細だと言われています。

 

 

男性が、女性に「女々しい、、」と言われるとしたら、

この繊細さが影響をしているのかもしれませんね。

 

 

その代わり、男性は女性よりも長期計画などの構想、

イメージしながらバラバラの部品を組み立てる事が可能な

 

 

「空間認識力」が優れています。

 

 

この様に、全くの正反対の性質を持つ男女なので、
意見が食い違うのは無理もありません。

 

 

この違いを理解していないと、

コミュニケーションが苦手と

感じてしまう原因になると思います。

 

 

こればかりは実践して経験するしか

スキルを上げる方法はありませんが、

非言語のコミュニケーションならどうでしょうか?

 

 

例えば、、、、

 

 

「祭り」や「フェス」「コンサート」などがそうです。

 

 

 

 

会話は勿論あるのですが、それより、なにより、

いかに相手もあなたも「楽しむ」かがポイントになりますよね。

 

 

あなたが楽しむことができれば、自然と相手にも楽しさが

伝わるのが「非言語コミュニケーション」の良い所です。

 

 

もし、あなたが「会話」が苦手なら、

「言語ありき」で「何を話そう」と考えずに、

楽しいと感じた「経験」をネタに話してみてはどうでしょう?

 

 

まとめ

 

 

 

 

「祭り」や「フェス」「コンサート」を

観客として観ることも良いのですが、最も感情に相手に訴え、

コミュニケーションを取りやすいのは経験です。

 

 

「感情を動かす」と書いて「感動」と言う言葉はありますが 

「理性」で動く「理動」と言う言葉はありませんよね。 

 

 

敷居が高く、やりたくても出来ない人が多い「和楽器」ですが、

「シャミコ」なら、「ちょっと和楽器を試したいな・・」という

楽器未経験でも20分もあれば曲が弾ける世界一簡単な三味線です。

 

 

例えば「ホームパーティ」や「宴会」「旅行」そして、

「海水浴」などでの『コミュニケーションツール』として

 

 

手にした人たちから大好評を得ているのが

創作三味線「シャミコ」です。

 

 

あなたも和楽器をキッカケに
コミュニケーションの達人になってはどうでしょう?

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ