コミュニケーションが苦手な人3つの特徴

目安時間:約 7分

コミュニケーション『3つのコツ』

 

いくら旅好きとはいえ、

無人島にでも住んでいない限り、

人生で必ず必要なのが

「コミュニケーション」ところが最近 

「コミュニケーションが苦手」

という人が増えているそうです。

 

 

一方で「コミュニケーション」は出来ているのに

「人間関係がウマくいかない、、」という人も。

 

 

この記事を読んでいるあなたは、

こんな願望はありませんか?

 

 

「もっと私の事をわかってほしい!」

「なんで親友ができないんだろう、、」

「うまく伝えるにはどうしたらいいんだろう」

 

 

好きな人に気持ちが伝わらないのは

「モヤモヤ」「イライラ」しますよね。

 

 

こんな毎日じゃ、

面白くないし、疲れてしまいます。

 

 

「人間関係がウマくいかない、、」と

感じているならもしかしたら、

「コミュニケーション下手」かもしれません。

 

 

例えばこんな覚えはありませんか?

 

 

コミュニケーションが苦手な人3つの特徴

 

不安がある 

 

 

過去に何かあなたにとって好きな事をしていて

挫折感を味わったり、仕事で失敗をしてしまったり、

信頼していた友人に裏切られたり、、。

 

 

「やってみたい!」という好奇心よりも過去の

「恐怖心」の方に感情を動かされてしまったり。

 

 

相手の様子が気になる 

 

 

「恐怖」を感じると防衛本能が発動して普通の人よりも

バージョンアップした「警戒心」が発動します。

 

 

そのため、相手の行動、発言の1つ1つが気になり、

相手の会話より「次は何を言い出すんだろう?」

 

 

「どう返事をすれば切り抜けられるだろう」と

自分の対応策にいっぱいいっぱいに。

 

 

プライドが高い

 

「やられる前にやってしまえ」とばかりに

「恐怖心」が突き抜けると「防衛」から

 

 

「攻撃」に転じてしまう事で「見下した」態度を

他人にしてしまうことがあります。

 

 

プライドが高いことは悪くはないのですが、

プライドの「質」を気にする人は案外少ないかもしれません。

 

 

コミュニケーション下手を克服するコツ

 

相手の様子を必要以上、気にしない 

 

「コミュニケーション」は学校の授業ではありません。

「先生」と「生徒」ではなくあなたも先生であり、

 

 

生徒なのです。もし、先生が生徒の反応に気をつかい

ながら授業をしていたらどうでしょう?

 

 

「先生、何言っているかわかりません!」と

授業にならないかもしれません。

 

 

会話をたのしむ 

 

会話はある意味、ゲームです。ゲームで不安に

なることはありますか?多分無いと思います。

 

 

相手が会話を投げてきたら「そう来たか!」と受け止め

「このアイテムはどうだ」みたいに返せば

次に出てくる話題に興味が出てきます。

 

 

その時、相手の様子なんてどうでも良くなるはずです。

 

 

聞き上手になる。

 

 

私も含め人は、どうしても「認めてもらいたい」

「聞いてもらいたい」という根源的な欲求があります。

 

 

そんな自分に対して相手に対しても

「あぁ聞いてもらいたいんだなー」と

 

 

思えるかどうかであなたのプライドの「質」も

変わってきます。もし話を聞くのが苦手なら

 

 

「質問を投げかける」という方法もあります。

人の脳は質問をされると返そうと考えます。

 

 

実はこれは「コンサルタント」が使う手法で

相手を尊重した「コミュニケーション」の1つです。

 

 

 

まとめ

 

 

まずは会話をするか、しないかは別として、

「おはよう!」「お疲れ様でした」などの挨拶は

社会人として誤解を招かないためにもしておきたいですよね。

 

 

最後にもう1つ、私のおすすめは

「万国共通の話題」を持っておくことです。

 

 

 

 

万国共通でもなくて趣味でも良いのですが、

万国共通の話題なら、海外旅行へ行った時でも、

「コミュニケーション」に困ることはありません。

 

 

実はコレが1番「コミュニケーション」が

取りやすい方法だったりします。

 

 

ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ