プロも認めた簡単三味線

目安時間:約 5分

 

和楽器って弾いてみたい!と思っても、

周りにはやっている人は居ないし、

実際始めるまでがハードルが高くて・・

 

と、悩んでいる人は居ませんか?

 

オマケに情報量も多いとは言えません。

そんななか、プロの津軽三味線奏者も 

認めた今までになかった三味線がコレです!

 

 

今回、海外公演等でも活躍する津軽三味線のプロ

『雅勝』さんはプライベートでまったりしり、

「運指」の練習の時に主に使っているのが『シャミコ』

プロも認めた新しい和楽器『シャミコ』の魅力とは?

 

シャミコの魅力を聞いてみました。

 

 

 

シャミコの魅力は? 

重さがあるとそれだけで億劫になりますよね。

とにかく軽くてコンパクトなんです。

 

従来の三味線とシャミコの違いは? 

シャミコの皮は1面だけに貼られていて

三味線のようにし湿気や気温で皮が破けたり、

緩んだりするリスクがありません。

 

また、裏面はギターのようにサウンドホールが

付いていて音篭らず抜けが良くなっています。

見た目と裏腹にパワフルな音で驚かれます。

 

皮の材料について

通常の三味線は動物の皮を使い気温や

湿気などで、保管中でも破けたりしますが、

その点シャミコは特殊パルプを使う事で

丈夫で保管中に破けることがありません。

 

動物の皮は破けると高価なので、

不安もなく演奏に集中ができます。

 

更に、紙ベースなので、自分で

デザインを描く事も可能ですし、

何より動物保護にも配慮しています。

 

通常の三味線と弾き方に違いがある?

従来の三味線と同じですが、適度なサイズ感、

そのうえ軽量なので楽器初心者には

弾きやすいと思います。

 

また、指を押さえる場所には、数字を

ふったシールが貼られていて、

番号を押さえるだけなので簡単なのも特徴です。

 

シャミコを引いてみた感想は?

ボディは縁起物の『五号枡』なのですが、

『津軽三味線』のように激しい曲でも、

皮が頑丈でガンガン弾ける安心感がありますね。

 

気軽に使えるので、自宅などで思い立った時に、

サッと練習するのに丁度良いですね。

 

もう一つの『三号升』の小さいタイプは、

大人でも弾けるけど、子供に良いですね。

 

そのまま、テーブルにも立てて置けて、

これこそ思い立った時にすぐに弾けるのが凄く良い。

旅先のお供はダンゼンこっちですね。

 

更にシャミコには驚きの機能が・・。

 

インタビューには出てきませんでしたが、

『三号枡』のシャミコには驚きの機能が・・。

その隠し技とは『行燈』になるのです。

 

 

シャミコ本体の中に

『LEDユニット』が入っていて部屋や

お店のインテリアとして、また間接照明として

明る過ぎず、暗過ぎずなんともリラックスした

落ち着いた空間を演出します。

(一部のモデルに対応)

 

 

 

こんな使い方も出来る楽器はシャミコだけです。

 

 

いずれにしても、パーティーやキャンプ、

旅のお供にプロのお墨付きの気軽三味線、

『シャミコ』をコミュニケーションツールや

インテリア、脳活性にも繋がる健康維持など、

和楽器の新たな可能性を誰よりも、

一足先に手にしてはどうでしょうか。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ