コミュニケーション克服3つの方法

目安時間:約 5分

 

『コミュニーケーションが苦手』

 

そんな人も多いかもしれませんね。

そんな中、コミュニケーションスキルを高める

ノウハウやコンテンツは沢山ありますが・・・

 

 

 

「良い話を聞いた」と終わらせず、

実践しないとまるで意味がありません。

 

 

しかし、コミュニケーションスキルを高める

ノウハウには、三味線の様な楽器やスポーツなどの

練習と色んな共通点があります。

 

 

コミュニケーションを上達させる方法

 

 

 

なんでもかんでも情報通にならない

 

 

特に夢中になると、スポーツにしろ、海外旅行にしろ

なんでもかんでも、とにかく情報を集める人っていますよね。

 

 

中には、スキルアップの為に集めた

情報からツールにハマってしまい何が良いのか
混乱してしまったり・・・ありませんか?

まずは、

 

 

「テーマを1つに絞って極める」事を意識してみると

良いと思います。例えば、朝の挨拶。いつもなら、

誰かに言われるまでは挨拶をしていなかったなら、

1番乗りをしてはどうでしょうか。

 

 

これは稽古ごとも同じです。

あなたの後から来た人は、自然と

あなたへ挨拶をしてきますので(普通なら)

 

 

そこから、

たわいもないコミュニケーションが始まるでしょう。

この様に小さなコミュニケーションの

積み重ねがある時を境に、当たり前になってきます。

 

 

期限を切る。

 

 

期限を切ると言っても、期限がきたら辞めるとか

そういうことではなく、第1フェーズ、第2フェーズと

ステップアップする為の期限です。

 

 

例えば、先ほどの挨拶を1番ノリを3ヶ月続ける。とかです。

3ヶ月も続けばその頃は恐らく何の抵抗感も

なくなっていると思います。その時点で、

コミュニケーションスキルはアップしています。

 

 

つまり、期限を決めずにダラダラ漠然と続けると

まるで修行の様になってしまいます。

三味線などの楽器練習、ビジネスの売り上げ目標の

達成なども同じで、2週間で1曲弾ける様になる、

 

 

今月末までに100万円売り上げる、と決めると、

それに伴った行動や予定を組んだりします。

 

 

手帳などに「3ヶ月間、挨拶を1番ノリ」と、

カレンダーに書いて毎日、チェックマークを入れれば、

スタンプラリー感覚で楽しみながらできますよね。

 

 

モデリング

 

 

モデリングとは、自分が尊敬する人や、憧れの人などの

振る舞いや格好を「真似る」ことです。

 

 

何が起きるかというと、人は環境に影響をされるので、

段々、その人に近い行動に変わります。

 

 

グチを言う人に合わせてると、なたもその人の様な

喋り方や振る舞いになってきます。

 

 

逆に尊敬できるスポーツ選手や楽器演奏者と一緒に

いれば、いつの間にかスキルアップをしているはずです。

 

 

コミュニケーション能力が高い人の話し方、

立ち振る舞いを真似してみてください。

期限を切って、その時どきで、モデリングの相手を

変えてみると良いかもしれません。

 

 

まとめ

 

コミュニケーションスキルもスポーツの練習、

三味線の演奏練習など、意外とスキルアップをするうえで

共通点があ事に気がついたのではないでしょうか。

 

苦手な事を克服するヒントになれば幸いです。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ