旅行好きが注目する三味線

目安時間:約 6分

旅行が好きな人が注目する三味線。

 

絵画などのアートの視点は外国人と、

日本人とでは視点が違うのをご存知ですか?

 

伝統的な海外の絵は描く対象を明確に決め描く事が

多いのに対し、日本人の視点は「見えないもの」を

 

 

昔から大事に扱うという感性で描いた絵が多いのです。

また絵画だけではなく、日常生活の礼儀や道具の扱い

武道、和楽器などもその中の1つなのです。

 

 

 

三味線の新潮流

 

 

和楽器は皇族の必須科目として受け継がれ、

最近では学校の授業にも和楽器を取り入れ、

 

 

ロックバンドは三味線をギターの様に操り、

情操教育や国際交流の1つの手段として、

和楽器は令和の時代新たなフェーズに来ているのです。

 

 

 

人付き合いが苦手でも輪が広がる魅力

 

和楽器といえば「扱いが難しい」と今までは

言われていましたが、最近は技術の進歩で、

初心者に優しい材質や新機能なども増え、

 

 

昔と比べハードルが低い手頃な和楽器が続々と

誕生しています。

 

 

海外では和楽器の評価も工芸品としての

評価も高く、和楽器が演奏出来るだけでも、

 

 

「日本人」としての誇りを改めて感じるくらい
あなたに注目が集まる事になるでしょう。

 

 

プロも認めた簡単に弾ける三味線

 

 

例えば、海外へ留学をする時、

旅行が好きでバックパッカーとして

海外へ1人旅をする時など、

 

 

公共機関は日本の様に時間通り運行されていない

場合がほとんどです。また、

留学先で言葉がほとんど通じない中、

 

 

コミュニケーション不足で不安になることもあります。

そんな時に、コミュニケーションツールとしても、

 

 

抜群の威力を発揮するのが、

プロも認めた簡単に弾ける三味線『SHAMIKO』です。

 

 

 

 

 

 

ギターと違い、日本独特の刀の様な職人魂がこもった

造りやフォルム、柔らかい音色、伝統的な装飾が、

 

 

例え演奏が上手ではなくても、存在感だけで、

コミュニケーションを取る事ができるはずです。

 

 

プロも認めた簡単に弾ける三味線『SHAMIKO』

 

 

 

こんな人に使って欲しい新時代の和楽器です。

 

 

 

・コミュニケーションが苦手な人。 

 

・旅行が好きな人。

 

・クリエイティブなアーティスト。 

 

・キャンプやパーティーが好きな人。 

 

・「俺はアイツと違う!」というイカしたミュージシャン 

 

・気分転換に家で楽器を弾きたい人。 

 

・外国人がよく訪れる、旅館やホテルの経営者。 

 

 

1つでも当てはまれば、プライスレスな経験を

手に入れることが出来るかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

飛行機で旅行をするときも、

『SHAMIKO MINI』は機内持ち込みサイズなので、

留学の時にはホストファミリーへの

お土産にも軽くてみんなで遊べて最適です。

 

 

「さくらさくら」など、5分あれば弾けるので

海外の人にはきっと喜ばれることは間違いありません。

 

 

ギターやウクレレも良いですが、

今、世界に注目されている日本人ならでは、

あなたの『粋』なところを披露してはどうでしょう。

 

 

今日も最後までありがとうございます。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ