升三味線 シャミコ (Masu Shamisen Shamiko)

目安時間:約 6分

 

Masu Shamisen Shamiko

 

The shyamiko is a modern take on the traditional
Japanease string insterment called shamisen.

 

it has three strings,and a part of the name shamiko
comes fome the kanji character for three.

 

 

The shamiko is asmaller than the shamisen,it is

light andcompact,easy to carry around.

The shamiko is built with toradition and pure nature.

 

 

 

The shamiko's sound box(body)is made from
'升'(masu),a squere wooden measring cup for sake or

rice,which wear hevily used in the past.

 

 

insted of animal skin,the shamiko uses sturdy natural
paper,making this an eco-friendry,and a cruelty-free
instrument.

 

 

Whatever yure musical ability,why not give
the shamiko a try-with just a little bit of effort, it will
reward you with a uniquely Japanease sound.

 

 

升三味線 シャミコ

 

 

シャミコは、日本の伝統的な

弦楽器「三味線」や「三線」の

DNAを持ちながら生まれた三弦楽器です。

 

 

従来の三味線より小さくて軽いので

持ち運びが便利で子どもでも

演奏しやすいサイズです。

 

 

また、伝統的な楽器そうであるように

シャミコは自然素材を基に作られています。

 

胴には、縁起物であり古来より酒や米を計る

計量器として使われてきた『枡』(ます)を使用し、

 

 

胴皮には動物皮の代わりに、

パルプ由来の丈夫な特殊紙を張ることで、

破れることなく長年お使いいただけます。

 

 

楽器の経験をお持ちでない方でも、

買ったその日から、

懐かしい和の音を楽しむ事ができます。

 

 

まとめ

 

 

2019年の記事ですが、

三味線、箏などの年間製造数は、

 

 

1970年の

1万8千丁が2017年には3400丁に。

 

 

箏も2万5800張から

3900張まで落ち込んでいるそうです。

 

 

理由は様々、ありますが、いずれにしても、

洋楽器の様に和楽器は触れる機会や、

 

 

メディアなど、外へ露出をする機会などが、

圧倒的に少なく、何が良いのか、面白いのか、

難しいのか、どんな物かも良くわからないまま、

 

 

保管方法や稽古場所が無い、難しいなど、

比較的ネガ情報ばかりがイメージとして

湧いてしまっているのも原因の1つでは

ないでしょうか。

 

 

そんななか、シャミコは子どもから、

大人まで、気軽に和楽器の魅力にや音色に触れ、

 

 

これは面白い!と感じたら、本格的な

三味線や、和楽器の道へ進んで

『日本伝統芸能』を再認識して頂けたら幸いです。

 

 

その上で、『シャミコ』は、決して、

『安物買いの銭失い』とはならない様に、

随所に今迄無かった工夫が凝らされています。

 

 

詳細は公式サイトに掲載しておりますので

参考になさってみてください。

 

 

本日も最後まで、

ありがとうございます。

 

 

 

 

参考記事はこちら。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ