三味線の弦は絹糸

目安時間:約 4分

 

三味線には、3つの糸(弦)で

演奏します。

 

スチール系の弦を使うギターと違い

 

 

和楽器は、「絹糸」や

ナイロン系の糸が多いのも特徴です。

 

そんな、糸でも

パッと見た目では、色んな種類があります。

 

 

弦は隠れた主役

 

弦の役目は音の質を決める大切な

役割を担っています。

 

 

 

 

スチール系素材のギターの弦も切れるように、

三味線の弦も消耗品のため、切れますので

 

 

そのタイミングで色んな素材の弦遠

試してみるのも良いかもしれません。

 

 

三味線の弦は絹糸

 

三味線の弦は天然素材である、

絹の糸が使われていたりします。

(全ての弦ではありません)

 

 

その為、弦ではなく糸と呼ばれたりもします。

つまり糸といえば弦のことです。

 

 

 

また、太棹の津軽三味線は、激しい演奏の為、

弦の太さや材質が他の中棹、細棹とは異なったりします。

 

 

また、教わる先生や教室により、

使う弦が決まっていたりもするのも

三味線の特徴と言っても良いかもしれませんね。

 

 

弦の役目

 

 

三味線は、ご存知の通り、弦は3本しか使いません。

とてもシンプルですが、

逆にいえば、調弦が繊細ともいえます。

 

 

一番太い「一の糸」は低音、「二の糸」は中音、

三の糸は「高音」で一番、細いタイプの糸を使います。

 

 

例えば、今、若い人を中心に人気がある

津軽三味線は、絹糸は一番太い「一の糸」のみで、

他は化繊系の糸を使うのが主流となってます。

 

 

気温や室温が高い場所での演奏、旅行や

屋外などの演奏では、テトロン系、

ナイロン系の弦を使ったりします。

 

 

また、手触りなどもあるので、

好みが分かれるところでもありますが、

使う三味線に合わせて弦を選ぶ様にしましょう。

 

 

まとめ

 

 

三味線に限らず、楽器の弦は熱や季節、

弾き手の汗などによっても音色が変化をします。

 

 

弦の選択や調弦は演奏者の個性も演出でき、

ファンになってしまう人もいるくらいの

魅力の1なのであなたも、注目をしてみると、

もっと面白い発見ができるかもしれません。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ