モテる秘訣は男女脳の違いを知ること。

目安時間:約 5分

 

「背中バキバキで疲れてますね・・」

 

 

『触れる』という

コミュニケーションの方法で、

 

 

相手の状況を知る事ができ「癒す」事も

「癒される」事もあると思います。そのうえで、

 

 

実は多くの研究で「触れる」という

コミュニケーション方法は心や身体にも

大きく健康にも影響がある事がわかっています。

 

 

『触れる』コミュニケーションスキル

 

 

「手を繋ぐ」とはなんでしょう?

ぶっしつけな質問ですが、小さなこどもなら、

 

 

迷子の回避する意味もありますが、

大人でもデートをする時は手を繋いだりする事も

あると思います。それはなぜでしょうか?

実は、触れる事で「脳」にある信号が送られるそうです。

 

 

 

 

コミュニケーションとD・ケトナー博士の研究

 

あなたは、「ダチャー・ケトナー」博士という

名前を聞いたことはありますか?

 

 

カリフォルニアバークレー大学の心理学部教授

なのですが、その先生が行った研究の1つに、

 

 

「電気ショックを与える」と伝え、女性参加者を、

待機させていたそうです。その時の「脳」の状態は

 

 

「ドキドキ」を司る領域が活性していたのに対して、

恋人に「手を握る」というコミュニケーション方法を

とってもらった結果、「ドキドキ」を感じていた

反応が消えてしまったとか。安心しているのですね。

 

 

 

タッチコミュニケーションは迷走神経を活性化

 

 

動物は恐怖やストレスを感じると、「闘うか」

それとも「逃げるか」という防衛本能がありますが、

タッチコミュニケーションを取ることで、

 

 

「オキシトシン」という神経伝達物質を放出させ、

「信頼感」が生まれるそうです。

 

 

ここで「ピンっ」ときた方もいるかもしれませんが、

ハンドシェイク、つまり「握手」がまさに、

 

 

「信頼関係」を築く為の

コミュニケーション術であるということがわかります。

 

 

商談など大切な時、一番最初に「握手」を交わすのは、

とても理にかなっている行為だと言えます。

 

 

まとめ

 

 

この様にタッチコミュニケーションは、

言葉は少なくても脳内では「癒したり」「癒されたり」

「信頼関係」を得るのに効果的だそうです。

 

 

また、ケトナー博士の研究室では、知らない者同士が

姿が見えない状態で壁越しに隠れ、相手の身体に触れ、

 

 

今、どんな感情か?を参加者の半数以上の人が

ピタリと言い当てたそうです。

 

 

一方、相手が異性の場合・・

女性が怒っている状態でタッチコミュニケーションを

男性にとっても、伝わらなかったそうです。

 

 

え?・・と男性は思うかもしれませんが、

モテたいならコミュニケーションは忘れずに・・。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ