コミュニケーション苦手を克服する6つの方法

目安時間:約 4分

『コミュニケーション能力が無いんじゃないか?』

 

そんな事はありません!

多くの人はただコツを「知らないだけ」です。

 

ぜひ、

コミュニケーションの克服をしてください!

 

 

 

人とのコミュケーションは難しい?!

 

コミュケーション能力は仕事でも、プライベートでも

生きていくには、欠かせない能力ですよね。

 

 

とはいえ『コミュケーション能力』とは、

考えれば考えるほど、混乱してしまい、

コミュケーションがとりづらくなります。

 

 

 

では、どうすればコミュケーションを

克服する事が出来るのでしょうか?

 

 

SNS世代のコミュケーション能力低下

 

 

SNSを使いこなす事がコミュニケーションだと思っていませんか?

言葉に代わり、スタンプや 絵文字を使う様になり、

 

 

五感を使う表現が少ない環境に慣れてしまう事で、職場などでは、
誤解を生んだり、不安を感じいる人が多いと聞きます。

 

 

苦手はサヨナラ。基本的なアプローチでOK!

 

シンプルにこれだけ覚えていれば、

勝手にコミュニケーションが出来ていきます。

 

 

  • 相手の話を相槌を打ちながら聴く。
  • 相手の話に自分の話をかぶせない。
  • 相手の名前を覚え(メモる)とにかくつかう。
    • 自分と見解が違うとしても否定はしない。
    • 自分の実績を盾にした上から目線に気をつける。
    • 「しまった」と思ったらまずは謝る。 

 

 

 

まとめ

 

実は、コミュニケーション能力を克服する秘密は、

お互いが昔からある礼儀作法を当たり前にしていれば、

自ずとコミュニケーション能力も克服ができてしまいます。

 

 

なぜなら、相手に寄り添う為の礼儀作法なのですから。

そのうえで、礼儀作法は国や地域によって違うので

場合によっては「無礼」になる事もありますので

注意をしてくださいね。そんななか、、

 

 

礼儀作法が違う海外へ留学やホストファミリーとして

国際交流をする機会があれば、和楽器を使い、

 

音楽でコミュニケーションをとるのも

1つの方法です。音楽には国境はありません。

 

 

日本独特の楽器『三味線』などの『和楽器』が

ちょっとでも弾けると、あっという間に、

信頼関係を手に入れる事ができます。

 

 

もし、あなたが、

世界共通の『コミュニケーション能力』を

手に入れたいのなら『三味線』などの『和楽器』も

1つ持っておくと克服のキッカケにも良いと思います。

 

 

今日も最後までありがとうございます。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ