パーティーが苦手な人へ

目安時間:約 7分

『パーティですぐに打ち解けられますか?』

 「NO!」と答えた人はきっと、

 

「コミュニケーション能力がないのかも・・?」 

「あぁ、人と一緒にいると疲れる・・・」 

「なんで、目を合わせてくれないんだろう・・」と、

 

感じていたりしませんか?

こんなことが毎日のように続くと、

 

 

週末は1人で1日中スマホでゲームをしていたり、

マンガを読んだりゴロゴロして、いつもの人が

いつもの時間に遊びに来て他の人とは会話をしない・・・

 

 

 

これでは「私は何をしたいのか?」と

今度は「自分探しの旅」へのめり込んでしまい、

ますます、他人と交流する機会が少なくなります。

 

 

最悪、人を避けウツになってしまう人も・・・。

ただ「知らない」だけであなたが悪い訳ではありません。

 

 

何気なく1人の知り合いから劇的に人生が

華やかになってしまうことが本当に多いのです。

では、どうしたらいいのか?ヒントになれば幸いです!

 

 

 

コミュニケーション能力高める3つのコツ

 

 

相手の話を聞いて共感する。

 

 

特にパーティなど大勢の輪に入る時、

「ねぇねぇ、、あのさぁ」なんていいながら

ずかずかと入っていませんか?

 

 

これでは事故が起きます、聞いている方としては

自分の領土を侵略しに来た外敵になり得ます。

場が「し〜ん」としたことありませんか?

 

 

まずはそ〜っとでも良いので相手の話を『聴く』。

そのうち、「あれ?いたの?」なんて言われたら

シメたもの。あなたのターンです。

 

 

話の着地点を決めてから話す。

 

 

 

雑談ならまだいいのですが「会話」となると話は別です。

特にビジネスでは注意が必要で、最悪、相手が

怒り出す可能性もあります。心当たりありませんか?

 

 

例えば、「〜の件だけど、、」と最初に伝えれば

相手は話を聞く準備が出来るのですが、

 

 

「昨日、何時ごろに電車に乗って〜」などと、

「あらすじ」から延々と話されると途中で

 

 

「で?」などと「強制終了」されかねません。

仕事で忙しい人は2度と相手にしてくれないかも?

まずは「目的か結論」を最初に伝えるとスムーズです。

 

 

 

否定やネガティブな事を話題にしない。

 

 

 

会社や上司のグチで盛り上がっていませんか?

職場ならそれで交流が成り立つかもしれません。

(オススメはしませんが・・笑)

 

 

そのうえで、一歩社外へ出れば、

他の人にとっては全く関係がない事ですよね。

 

 

実は、コミュニケーションが苦手という人は、

会話で無意識にネガティブなワードを使い、

自ら「人を遠ざけている」可能性もあります。

 

 

「でも、だって、しかし」などは相手からすると

自分を「否定」された気分になってしまいます。

 

 

そんな言葉を何回も言われたら、

だんだん「イラっ」としてきませんか?

 

 

私は反対だとしても、

「そうなんですね、そのうえで、、」

相手を認めたうえできりかえします。

 

 

これだけでもだいぶ印象が違うと思います。

 

 

 

あなたの未来を変えるコミュニケーション

 

 

人と接する事で、様々な影響を受けて、

あなたの行動が変わります。行動が変わると

状況がかわります。状況が変わると、

 

 

1年後には、想像もしていなかった自分がいます。

それが「成長」ではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

 

「あなたの未来を変えるコミュニケーション」

と言いましたが、収入が変わる事もあるし、

人生観そのものが変わる事もあります。

 

 

その1つが「音楽」ではないでしょうか。

万国共通の音楽は言葉が通じなくても、

 

 

 

五感で相手とコミュニケーションが取れる、

人が本来持つ最高の『コミュニケーション能力』です。

 

 

 

 

会話では立場や年齢などを考慮しないといけませんが、

音楽なら学歴も年齢も関係ありません、

 

 

海外旅行や、留学など、

周りに知り合いがいないとしても、楽器を1つ

持っているだけであっという間に仲間がふえています。

 

 

もし、あなたがどうしても会話が苦手なら、

この最高の『コミュニケーション方法』を試してみて下さい!

 

 

今日も最後までありがとうございます!

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ