海外土産には文房具と楽器

目安時間:約 5分

『効き目がハンパないコミュニケーションツール達』

 

海外にいる知人に送って欲しいと言われるのが

文房具類。といっても向こうに無いわけでは

無いのですが、日本よりも精度? が・・・

 

よろしくないものが多いのです。

日本なら100均もありますしね。

 

 

日本の製品は低価格の物でもお土産で喜ばれる事が
多いので留学やホームステイなどに行く場合は、

日本っぽい物がウケがいいです。

では、どんな物が良いのか参考にしてみてください。

 

 

 

異文化交流最強のコミュニケーションツール

 

 

そもそも、なぜお土産を持っていくと良いのか?

ですが「話のネタ」になります。

 

 

特に初対面でお互いの事を知らないのはもちろん、

異国なのですから意思疎通の不安もあると思います。

 

 

いくら表情が堅くてもお土産を「はいどうぞ!」

渡せば、一気に場はハッピーに!

言葉は通じなくても「気持ち」はしっかり通じます。

 

 

 

日本の文化を感じる物がおすすめ!

 

 

あなたの第1印象が良くなれば、お世話になって

一緒に過ごす時間が断然良いものになります。

 

 

そのためには相手の「ニーズ」を知らないと逆効果に

なってしまいます。例えば、いくら日本では人気の

食品とはいっても「納豆」などのニオイがキツい

食品は避けておいた方が間違いはありません。

 

 

 

異文化交流で話のネタになるお土産

 

「漢字」が入ったもの

 

 

「漢字」は外国の人には鉄板でウケがいいです!

できれば漢字の意味も知っていれば

「ヒーロー」になれること間違いナシ!

 

 

縁起物

 

やはり、どんな国でも「縁起物」は喜ばれます。

特に日本の縁起物は神秘的ですよね。

「達磨」や「招き猫」などは人気があります。

神社の物なども良いかもしれません。

これこそ異文化を感じることが出来ます。

 

日本の文房具

 

 

冒頭でも書きましたが、日本の常識は、

海外では非常識。当たり前に使っている文房具が

向こうには無いものもたくさんあります。

 

 

特に多機能ボールペンなどはいかにも日本らしい

文房具です。きっと喜ばれるでしょう。

 

 

和楽器

 

 

ホストファミリーに音楽好きな人がいるなら、

思い切って和楽器を持っていくのもありです。

 

 

篠笛などなら数千円くらいからポケットにも

入る大きさからあります。

 

 

また、ギターが出来るなら日本らしい

「三味線」も 魅力的ですよね。とはいっても

本格的な三味線は、価格も管理も大変ですが、

 

 

「シャミコ」の様な気軽なタイプの

機内持ち込みサイズなら頑丈、コンパクトで

お土産やコミュニケーションツールとしても最適です。

 

 

まとめ

 

お土産と言っても最終的には「お世話になります」

という相手に対しての「気持ち」です。

 

 

異文化交流の時の

参考にしていただけたら幸いです!

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ