異文化交流を簡単に実現する方法

目安時間:約 5分

『外国人の友達』が多い人が密かにやっている事。

 

2020年、東京で遂にオリンピックが

開催されますが、そのせいかどうかは

分かりませんが、

 

仕事やプライベートでも

 

 

「外国語を習得したい!」 

 

「海外の友達がほしい!」 

 

「仕事で外国語の必要性を感じる」 

 

 

そんな人が増えています。

 

だからといって、海外へぽーんっと行ける

時間的にも経済的にも簡単ではありません。

 

 

何かいい方法はないか?

今回はそんな方へ異文化交流のヒントをお伝えします。

 

 

 

異文化交流を日本で楽しむ方法

 

 

観光地で働く 

 

 

近年、海外の人から人気が高いのが「日本」です。

なので、有名な観光地なら大概、外国の方と

接する機会があるはずです。

 

 

例えば「京都」など日本人観光客よりも

海外からの観光客の方が多いくらいです。

 

 

そういった環境で働くのも選択肢の1つです。

ゲストハウスや旅館などもいいですよね。

 

 

住み込みで働く 

 

 

私が経験したオイシイ異文化交流法です。(笑)

今、日本のスキー場が海外の方に人気があります。

 

 

ホームステイなどで海外からペンションスタッフとして

シーズンの間、一緒に生活する事が出来ます。

 

 

嫌でも仕事上のコミュニケーションは英語になるので

お金を稼ぎながらスノボを楽しみながら、

日本語を教えながら、異文化交流が楽しめます。

 

 

来日していた外国人だけのパーティーにも

招待されたりまるで海外留学をしているみたいでした。

 

 

外国人が参加する国際交流パーティーに参加。

 

 

上記は住み込みで数ヶ月は、地元を離れる必要が

ありますが、学校や仕事でそうもいかないのが現実ですよね。

 

 

そんな時は近所で数千円で開催される、
異文化交流パーティーに参加してみてはどうでしょうか。

 

 

まとめ

 

留学して文化を勉強したい、外国の友人を作りたい、

外国語を学びたい、ビジネスにつなげたい、

 

 

と感じている人も多いと思いますが、もし

言葉が通じなくても一気に信頼関係を築けるのが

「音楽」や「楽器」です。

 

 

キャンプなどでは、小さい楽器演奏が1つあるか、

ないかでその「空間の質」が断然変わってきます。

 

 

もしあなたにコミュニケーションに不安があるなら、

楽器と音楽のチカラを借りてしまって良いと思います。

 

 

意外と身近にたくさん異文化交流ができる場所があるので
あなたも探してみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ