留学のストレス解消法

目安時間:約 5分

『知っていますか??』

 

2019年現在、海外から日本へ来る

外国人観光客の数ですが、

2013年は1000万人弱、2018年には、

3倍の約3000万人を突破しています。

そこで、仕事でも交流でも必要になってくるのが

 

 

「外国語」のスキルですよね。そのうえで、
語学留学を選択する人もどんどん増えるでしょう。

 

 

そんななか、コミュニケーションが苦手と言う人には、

なかなか、困った時代になって来ました。

 

 

では、簡単にコミュニケーションを取れる方法は
ないのでしょうか?

 

 

 

世界と繋がる魔法の合言葉

 

「波動エネルギー」を変換したのが言葉であり、

音であり、光でもあるのは知っていると思います。

 

 

ただ、言葉を発する時は頭で思考しなければいけませんが、

音や光は条件さえ整えば、特にアレコレと

知識を巡らせて考える必要はありません。

 

 

例えば、クラッシック音楽など、メロディを聞けば、

言葉は違えど、「ベートーベン」のナンチャラ、とか、

 

 

「モーツァルト」のナンチャラだと認識ができます。

つまり、音楽や楽器演奏は言語関係なく世界共通の

意思疎通ができる「魔法の言葉」でもあるんじゃないでしょうか。

 

 

留学するなら知っておきたい意外な効果

 

アメリカのバーモント大学の

『Hudziak博士』が ある研究をしたそうです。

 

 

その結果、楽器の演奏をする事でこんな効果を

得る事がわかったそうです。

 

 

指の動きや手足の動きをそれぞれ違う動きをさせる事で

「作業記憶」が向上するそうです。

 

 

簡単に言えば頭で考えなくても身体が記憶しているなど、

運動機能を司る部位を活性化させるそうです。

 

 

アーティステックな思考回路の右脳、理論的な思考回路

を司る左脳、楽器演奏はこの2つの脳機能を使うので

認知症予防などの効果もあるそうです。

 

 

留学生に多い悩みごと 

 

 

特に海外留学は、知識の習得や勉強が目的だと

思いますが、留学生の悩みで多いのが、

「言葉による意志の疎通の弱さ」です。

 

 

さらにこの悩みがストレスになり、

勉強のモチベーションが落ちたり、

「ホームシック」になってしまうこともあります。

 

 

  • コミュニケーションの問題 
  • 勉強効率の問題 
  • ストレスの問題 

 

 

これらを全て一気に解決してくれるのが

「楽器の演奏」というわけです。

 

 

まとめ 

 

ホームパーティやイベントなどで簡単に盛り上がる

「ギター」が主流ですが、日本人らしく意外性も高い、

「和楽器」もおすすめです。

 

 

「紫笛」ならコンパクトで余計な機材も要らず、

アート性もあるので注目されると思います。

 

 

確実にヒーローになりたいなら「三味線」がイチオシです。

今、三味線はロックバンドのアーティストも使い始め、

世界でも注目を浴びています。

 

 

洋楽も弾けるので三味線人口がほぼ居ない海外なら

外国語がヘタでも一気に友達も増えるでしょう。

 

 

脳科学的にもコミュニケーションツールとしても

抜群の威力を発揮する「和楽器」を1つ、

旅のお供に持って行ってはどうでしょうか。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ